2010年08月15日

人生が変わる哲学の教室 ~ 小川仁志 + 成長縁大学

夏の夜、古典の哲学者に出会えるかも・・


書籍情報


人生が変わる哲学の教室
小川 仁志
中経出版
売り上げランキング: 8069

本のきらめき

実は、僕は本屋さんが嫌いだった。学生時代の話。そう、あの頃、自由書房
っていうのが大学のある町にあって、そこに行くといつも目が回るようで嫌
だった。本屋さん特有のにおいも肌にあわなかった。だから、いつも早々に
退散するのが落ちだった。

本の虫のようになった今では、考えられないことだが、あのころはなぜか、
本から縁遠かった。当然、哲学書などが並んだコーナーなどは吐き気を催す
ほどだった。笑

したがって、プラトン=恋愛、マルクス=経済、ニーチェ=永遠回帰説、く
らいの関係性は知識としてもっていたが、中身はさっぱり・・・。

そんな僕に、本書は、実によいタイミングでやってきた。

本書は、私立久我伝高校(くがってこうこう)を舞台に、著名な哲学者が、
夜な夜な深夜に特別講義をしてくれるというストーリー仕立ての哲学入門書。

カント、ハイデガー、ヘーゲル、サルトルなど著名な哲学者が何を考え、何
を悩んだのか・・・そんなあたりをサクっと教えてくれる。しかも、現代人
の悩みにも結びつけて展開するのがうれしい。

深夜3時、久我伝高校の2年生3人に加え、仕事に悩めるサラリーマン、家
庭に疲れた主婦も混じった教室へ、一人の哲学者が登場する。

ガラガラと教室の戸をあけて、最初に登場するのはハイデガー先生だ。

 皆さんはじめまして、ハイデアガーです。倫理とかの教科書でみたことが
 あるでしょうか・・・・

そんな挨拶から始まる。(そうか、倫理の教科書なんてあったなぁ)

ハイデガーは生と死について語る。「死は生のためにある」「死を思い、懸
命に生きよ」などのメッセージを生徒とのやりとりの中で披露するのだ。

映画好きのサラリーマン平田のつっこみもなかなか親しみを覚える。

心の壁を取り払い、哲学に触れるとても楽しい本。この夏にぜひ!


僕のつぶやき

Webookでも過去、何冊か哲学書をご紹介してきた。

ポール・ストラザーンの「90分でわかるプラトン」
 http://www.webook.tv/bn/1999/05/90_paul_strathern.html

佐藤雅彦さんの「プチ哲学」
 http://www.webook.tv/bn/2000/06/post_170.html

など。

しかし僕にとって一番の哲学書は、田坂広志さんの著作の数々・・・
なかでも「使える弁証法」はお勧め。ヘーゲルの弁証法が、時代をまたいで、
分かりやすく解説される。

 http://www.webook.tv/bn/2005/11/_121.html

物事を本質にまで掘り下げて考えるのが哲学とすれば、日常の様々な出来事か
ら、思いを巡らせ、自問自答してみると、僕らもちょっとした哲学者に。

お盆に合わせ、僕らはなぜ、ここにいるのか・・・なんて、考えてみてもいい
ねー。田舎の夜空を眺めながら・・・



オススメ度

★★★★★+哲学者との邂逅

読んで欲しい方

・哲学に触れたいか方
・著名な哲学者の考えをサクっと知りたい方
・哲学の楽しみを感じたい方

Posted by webook at 21:24 | Comments (0) | TrackBack

2007年10月22日

To The Summit ~ Hiroshi Tasaka + 田坂広志さん、渡邉奈々さん、藤沢久美さん鼎談

英語で読んでも、深く伝わるメッセージ。

書籍情報

tothesummit.jpg

本のひらめき

ソフィアバンクの田坂さんが、いよいよ世界にその思想を発信。その第一弾ともいえる英語の本だ。
http://blog.hiroshitasaka.jp/archives/2007/09/to_the_summitku.html

原書は、「未来を拓く君たちへ―なぜ、我々は「志」を抱いて生きるのか」である。原書で思わず涙を流された方も多かったはず。

英語で読むとまた違う趣きがあるが、深いメッセージに心がぎゅんとなる。

ロサンゼルスに来て2ヶ月あまり、この本から得られる英語のインスピレーションは、とても素晴らしい。

英語で読んでもまた、魂が震える。

たとえば仕事に悩んでいる同僚がいるとして、彼にはこんな表現を紹介してみるのもいい。

 Everybody who is given life on the earth
Lives a "Life of Regrets".
  (人生は、後悔がつきものだ)

Everyone , more or less,
Nescessarily has adversities,difficulties, failures, defeats,
Setback and losses
(だれでも多かれ少なかれ、不運、困難、失敗、敗北、挫折や損失・・
  そういうものを必然的に経験する)

 しかしそういう人生を「Life without rany Regrets」にできるという。
 Perfect Life ということではなく・・・

 'It was only because of that .....' (xxxだからこそ)
 という文脈で人生のデキゴトを捉えればいいのだ。


やがて、世界の人々の魂が震える・・・そんな本になると思う。
それぞれの人生の中で、深い気づきをもらえる素敵な本。

日本語だけではもったいない・・そんな田坂さんの深い思想が、いよいよ英語になって世界に浸透する時がやってきた。

大切な仲間にプレゼントしたい本である。


僕の思いつき

後段に、縁(えにし)の話が登場する。

 A "deep enishi", a predestined link

と英訳されている。まさにこの本は、僕がロサンゼルスにいるそのときのために書いていただいたような、そんなENISHIを感じる本だ。見えないなにかに導かれ、今、ここ、私・・・があるように思えてならない。

日本へ帰ったら、たくさんこの本を仕入れてロスに帰ろう。

「未来を拓く君たちへ―なぜ、我々は「志」を抱いて生きるのか」を読まれた方も、また田坂さんの本や講演でその深い思想にふれた方も、ぜひ、この英語の書籍を読んでほしい。

私たちが感じた「思い」を英語で伝えられるヒントがあるから・・・



オススメ度

★★★★★+miracurouse moment!

読んで欲しい方

・人生を深く考えたい方
・人の人生に責任をもつ立場の方
・えにしを感じたい方

Posted by webook at 02:59 | Comments (0) | TrackBack

過去の記事
カテゴリー別